HOME > よくあるご質問

よくあるご質問

以下のようなご希望、お悩みがありましたら、秩父ケミカルの製品がお役に立ちます。
お気軽にお問い合わせください。

case 1 雨水貯留浸透施設を知りたい。
雨水貯留浸透施設は、公園や駐車場、家屋等に設置されるオンサイト貯留施設、遊水池や防災調節池等のオフサイト貯留施設、浸透トレンチや透水性舗装等の浸透施設の総称あり、弊社の製品では、プラダムくんやニュートレンチくんが該当します。雨水が河川や下水道に直接流出するのを防ぐほか、浸透施設は地下水や湧水の保全等にも効果があります。
関連リンク: 雨水貯留浸透施設ニュープラくんプラダムくんニュートレンチくん
case 2 工期を短縮したい。
ニュートレンチくんは5.6kg、プラダムくんは6.8kgと軽量であるため、人力で施工することが可能です。また、部材の連結も容易であり、施工性に優れるため、工期が短縮できます。
関連リンク: ニュープラくんプラダムくんニュートレンチくん
case 3 工事面積を削減したい。
ニュートレンチくんとプラダムくんは、空隙率が95%と単位貯留量が大きいため、砕石等を使用した施設と比較して、省スペース化できます。
関連リンク: ニュープラくんプラダムくんニュートレンチくん
case 4 施工方法を知りたい。
弊社の製品はプラスチック製の部材であるため軽量であり、人力施工が可能です。施工方法は各々の製品に応じて異なりますので、それぞれのページをご確認ください。
関連リンク: ニュープラくんプラダムくんニュートレンチくん
case 5 調整池が設置されているスペースを有効利用したい。
従来型の調整池は地表面貯留型が主流でしたが、上部利用が制限される、雑草の繁茂等により維持管理が大変、エンジンに雨水が入って車が使えなくなる等の課題がありました。地下埋設型の地下貯留浸透施設は、これらの課題を全て解決することができます。弊社の製品はプラスチック製ですので、低コストで設置可能です。地下貯留浸透施設をご検討の方は、是非一度お問合せください。
 
地表面貯留型の調整池の例
■フェンスで囲まれた調整池
■フェンスで囲まれた調整池
 
■調整池内における雑草の繁茂
■調整池内における雑草の繁茂
地表面貯留型の調整池にプラダムくんを設置した事例
■施工前
■施工前
 
■施工中
■施工中 ⇒現在、集合住宅の広場として活用
関連リンク: ニュープラくんプラダムくん
case 6 雨水貯留槽の計算をしてほしい。
弊社は、様々な行政機関等との協議を通して、雨水貯留浸透施設・流出抑制施設の施設規模算定、配置計画に関する豊富なノウハウを有しています。また、それに基づく設計ご担当者様向けの雨水計算作成サービスも行っておりますので、ご質問等がございましたらお気軽にお問合せください。
関連リンク: 雨水流出抑制計算依頼フォーム
case 7 行政の指導内容を知りたい。
開発行為に対する行政の指導内容は、それぞれの市区町村ごとに異なり、開発行為の規模によっては、管轄が都道府県となることもあります。また、特定都市河川浸水被害対策法等の国が指定する地域では、法律による指導が存在します。弊社では、これまで各行政と協議を重ねて得た豊富なノウハウを有しておりますので、お気軽にご相談ください。
関連リンク: 雨水流出抑制計算依頼フォーム
case 8 比浸透量について教えてほしい。
比浸透量は地盤特性以外の条件、施設規模と設計水頭で決定されるパラメータであり、雨水浸透施設からの浸透量を簡易に評価するための値です。単位はm2で、比浸透量に飽和透水係数(m/s)をかけることで、施設からの浸透量(m3/s)が算定されます。詳しくは、増補改訂 雨水浸透施設技術指針[案]調査・計画編等をご確認ください。
case 9 製品の価格について知りたい。
ニュートレンチくんとプラダムくんは空隙率が95%と単位貯留量が大きいため、コンクリート・砕石等を使用した施設と比較して、工期の短縮・土工量の減少等により、経済性の向上が図れます。その他の製品も含め、価格に関するご質問がございましたらお気軽にお問合せください。
関連リンク: お問い合わせ
case 10 雨水を利用する施設を知りたい。
雨水利用施設には、地上にタンクを設置するタイプと地下にタンクを設置するタイプの2種類あります。弊社では、地下埋設型の雨水利用タンクを販売しております。また、雨水利用のための施設設計(集水施設・ポンプ設定・中水利用等)もお手伝いいたしますので、お気軽にご相談ください。
関連リンク: プラスプール
case 11 地震に強い施設を採用したい。
弊社の製品は、土被りを50cm確保することでT-25荷重に対応し、更にはレベル2地震動に対する安全照査もクリアしています。土被りと上載荷重の関係につきましては、弊社スタッフへお気軽にお問合せください。
関連リンク: お問い合わせ
case 12 納入実績が知りたい。
弊社のプラダムくんおよびニュートレンチくんは、首都圏を中心として全国的に納入実績があります。また、海外における実績も有しています。詳しくは下記のページをご確認ください。
関連リンク: 施工実績
case 13 雨水を地中に浸透させて、流出抑制のみならず地球の水循環系の健全化に貢献したい。
アスファルト等の不浸透面の下に存在する土壌は、元来、雨水を浸透させる能力を有しています。その能力は、年間降水量の多くを浸透させることができます(下図参照)。雨水を浸透させることで、洪水流出量を低減させる他、地下水や湧水の保全等、様々な効果が期待できます。
【掲載図】浸透量の割合】
 
関連リンク: 雨水貯留浸透施設の効果
case 14 雨水に関する相談がしたい。
雨水は、時に洪水となって人々の脅威となる一方で、人類を含む全ての生物が生きていく中で貴重な資源でもあります。雨水の貯留・浸透・利用のパイオニアを目指して弊社は努力して参りますので、ご質問等がございましたらお気軽にお問合せください。
関連リンク: お問い合わせ
  • よくあるご質問

 

採 用 情 報

 Water Project

秩父ケミカルは環境省の事業

「ウォータープロジェクト」に賛同しています。

 


このマークの意味は?