• 土に返る 自然に帰る 水が還る
  • ニュートレンチくん│浸透トレンチ型プラスチック製雨水貯留浸透施設
  • プラダムくん│雨水貯水槽 プラスチック製雨水貯留浸透施設
  • ニュープラくん│雨水貯留槽 強化型プラスチック製雨水貯留浸透施設

雨水貯留・浸透・製品案内

製品一覧へ

 

トレンチ型雨水貯留浸透施設の決定版!
移送管を内蔵、施設内部の清掃が可能!
詳しくはこちら

様々な規模の雨水貯留浸透槽にオススメ!

組立簡単、工期短縮で実績多数!

詳しくはこちら
安心安全な強化型の雨水貯留構造体!
モデルチェンジで軽量化を実現!
詳しくはこちら

雨水利用製品&関連資材案内

製品一覧へ

 

地下埋設型の雨水利用タンク!
雨水を使ってエコな環境を実現!
詳しくはこちら
目詰まり防止フィルターの自信作!
網部が閉塞しても通水部を確保!
詳しくはこちら
 
  • お知らせ

  • 一覧を見る
2021/07/14
夏季休業のご案内(8月7日~8月15日)
誠に勝手ながら、弊社では8月7日(土)~8月15日(日)を夏期休業とさせて頂きます。期間中お客様にはご不便をお掛け致しますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

尚、8月16日(月)より通常業務を開始致します。休業期間中に頂きましたお問合せにつきましては、8月16日(月)より順次対応させて頂きますので、何卒ご了承の程お願い申し上げます。
2021/06/01
JICA-SDGsパートナーの認定期間を延長
秩父ケミカルは、JICAの2018年度 「普及・実証・ビジネス化事業(中小企業支援型)」に「タイ国浸水被害の軽減に寄与するプラスチック製雨水貯留構造体の普及・実証・ビジネス化事業」が採択され、事業を実施中です。
この事業がSDGsゴール「11.住み続けられるまちづくりを」「13.気候変動に具体的な対策を」の達成に貢献するものと認められ、事業実施期間中「JICA-SDGsパートナー」と認定されておりました。

この度、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて事業の実施期間を2023年1月10日まで延長し、これに伴い「JICA-SDGsパートナー」の認定期間も延長されました。
引き続き、秩父ケミカルはプラスチック製雨水貯留構造体の普及を通じ、健全な水循環の構築とSDGsゴールの達成に貢献していきます。




「JICA-SDGsパートナー制度」について詳しくはこちらへ →JICAとともにSDGs推進にご協力いただいている企業・団体の皆様へ(JICAのウェブサイトへ移動します)


2021/05/14
「グリーンインフラ官民連携プラットフォーム」技術集に掲載
「グリーンインフラ官民連携プラットフォーム」は自然環境が有する多様な機能を活用したグリーンインフラを推進し、持続可能で魅力ある国土・都市・地域づくりにつなげることを目的に、国、地方公共団体、民間企業、大学・研究機関など、多様な主体が参画するプラットフォームです。
秩父ケミカルも本プラットフォームの主旨に賛同し、会員として参画しています。

この度、技術指針の策定や評価手法の開発等に向けた第一歩として、会員から寄せられたグリーンインフラに関連する技術を幅広く収集し整理した技術集が作成され、プラットフォームのwebサイトに掲載されました。

秩父ケミカルのプラスチック製雨水貯留構造体も雨水貯留浸透に関する要素技術として掲載されています。
以下のURLよりご覧いただけます。

(グリーンインフラ官民連携プラットフォームの公式サイトへ移動します。閲覧・ダウンロードには会員登録が必要です。)
https://gi-platform.com/project/#examples

2021/02/03
雨水利用槽プラスプールのカタログを改訂しました。
2020/11/27
年末年始休業のご案内(12月29日~1月4日)
誠に勝手ながら、弊社では12月29日(火)~ 1月4日(月)を年末年始休業とさせて頂きます。期間中お客様にはご不便をお掛け致しますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
尚、1月5日(火)より通常業務を開始致します。休業期間中に頂きましたお問合せにつきましては、1月5日(火)より順次対応させて頂きますので、何卒ご了承の程お願い申し上げます。
2020/10/26
JICA-SDGsパートナーに認定
SDGsとは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030 アジェンダ」にて記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
このたび、独立行政法人国際協力機構(JICA)は、日本政府(SDGs推進本部)が決定するSDGs実施指針やSDGsアクションプランの一層の進展のため、「JICA-SDGsパートナー」制度を創設しました。

秩父ケミカルは、JICAの2018年度 「普及・実証・ビジネス化事業(中小企業支援型)」に「タイ国浸水被害の軽減に寄与するプラスチック製雨水貯留構造体の普及・実証・ビジネス化事業」が採択され、2021年5月末までの予定で事業を実施中です。
2019年12月にはタイ国バンコクにニュープラくんを設置し、現在その設置効果の計測・検証を行っているところです。

今回、この事業がSDGsゴール「11.住み続けられるまちづくりを」「13.気候変動に具体的な対策を」の達成に貢献するものと認められ、事業実施期間の2021年5月末まで「JICA-SDGsパートナー」と認定されることになりました。

今後とも、秩父ケミカルはプラスチック製雨水貯留構造体の普及を通じ、健全な水循環の構築とSDGsゴールの達成に貢献していきます。




「JICA-SDGsパートナー制度」について詳しくはこちらへ →JICAとともにSDGs推進にご協力いただいている企業・団体の皆様へ(JICAのウェブサイトへ移動します)


2020/08/19
JICAの広報誌「mundi」の取材を受け、記事が掲載されました。
秩父ケミカルは独立行政法人 国際協力機構[JICA]の2018年度 「普及・実証・ビジネス化事業(中小企業支援型)」の採択を受けてバンコクの浸水常襲地区へプラスチック製雨水貯留構造体を設置し、現在その設置効果を検証しています。
今回、この事業の最新の状況についてJICAの広報誌「mundi」の取材を受け、2020年8月号に記事が掲載されました。
JICAの公式サイトにも記事が掲載されており、以下のリンクよりご覧いただけます。

【mundi 2020年8月号 目次】(JICAの公式サイトへ移動します)
https://www.jica.go.jp/publication/mundi/202008/index.html

【浸水被害を食い止め安全な暮らしを タイ(記事本文)】(JICAの公式サイトへ移動します)
https://www.jica.go.jp/publication/mundi/202008/ku57pq00002mby6x-att/10.pdf
2020/07/06
時事通信社「バンコク時事速報」にJICA事業の記事が掲載されました。
秩父ケミカルは独立行政法人 国際協力機構[JICA]の2018年度 「普及・実証・ビジネス化事業(中小企業支援型)」の採択を受けてバンコクの浸水常襲地区へプラスチック製雨水貯留構造体を設置し、現在その設置効果を検証しています。
今回、この事業について時事通信社「バンコク時事速報」の購読者に向けて記事が配信されました。
JICAの公式サイトにも記事が掲載されており、以下のリンクよりご覧いただけます。

【バンコク時事速報掲載「国際協力最前線」】(JICAの公式サイトへ移動します)
https://www.jica.go.jp/thailand/office/others/introduction/ku57pq00000dfqmc-att/front_157.pdf
rightnavi_icon.png
 

 

 

しまあめラボ公式サイト

秩父ケミカルは全生活用水を雨水に依存している

離島・赤島の振興プロジェクト「しまあめラボ」

に賛同し、後援しています。

water project

秩父ケミカルは環境省の事業

「ウォータープロジェクト」に賛同しています。

浸水ナビ

国土交通省が公開している浸水ナビは、指定箇所
の浸水リスク等を地図上にアニメーションや
グラフで表示させることができます。